Amazonの出品から
FBAへの納品まで
すべてお任せ

倉庫を持たない
スタッフも雇用しない
日本初のAmazon納品代行サービス。

いつもプライスターをご利用頂きありがとうございます。

プライスターを運営している株式会社カプセルZ代表の福田和輝と申します。


こちらのページを見てくださっているということは 出品作業や納品作業などを外注化したい と、考えられていると思います。

ただ、プライスターパートナーは前例のない代行サービスとなっているので、少しだけ説明させて下さい。

前述したように プライスターパートナーは、自社で倉庫を持つこともスタッフを雇用することもしていません。

いわゆる シェアリングエコノミー というビジネスモデルを採用しています。

シェアリングエコノミーというとUverやAirbnbなどが有名ですが 「個人が所有している遊休資産と、それを必要とする人とをマッチングするサービス」 のことです。

普段は使われていない空き資産を有効活用する ので、当然、料金は安くなります。


倉庫を持たない
スタッフも雇用しない
日本初のAmazon納品代行サービス。

いつもプライスターをご利用頂きありがとうございます。

プライスターを運営している株式会社カプセルZ代表の福田和輝と申します。

こちらのページを見てくださっているということは
出品作業や納品作業などを外注化したい と、考えられていると思います。

ただ、プライスターパートナーは前例のない代行サービスとなっているので、少しだけ説明させて下さい。

前述したように プライスターパートナーは、
自社で倉庫を持つこともスタッフを雇用することもしていません。


いわゆる シェアリングエコノミー というビジネスモデルを採用しています。

シェアリングエコノミーというとUverやAirbnbなどが有名ですが
「個人が所有している遊休資産と、それを必要とする人とをマッチングするサービス」 のことです。

普段は使われていない空き資産を有効活用する ので、当然、料金は安くなります。

アメリカで体験した
シェアリングエコノミー
の素晴らしさ。

以前、アメリカ出張でロサンゼルスに訪れた事がありました。

その時に衝撃を受けたのが、
本来プロであるはずのタクシーのドライバーさんよりも、
副業でやっているUberのドライバーさんの方が遥かに満足度が高かった ということです。

私たちが現地で利用したUberは3回。

1台目は快適で清潔な車でホテルまで送って頂き、
2台目は水のサービスまでついており、
3台目は水だけでなく、クッキーやティッシュまでサービスしてくれました。

料金もアプリで表示された金額を事前決済で安心ですし、
行き先を伝えなくても事前に登録した場所にナビを使って最短距離で向かってくれます。

一方、本来プロであるはずのタクシードライバーは、
道が分からなくてもナビも使おうとせず、料金もいまいち不明瞭。
車もボロボロでタバコのニオイもひどく、態度もいまいちで快適とは程遠かったです。


それでは、なぜ、このような差がついてしまうのでしょうか?

その秘密は、サービスの質が自然と向上していく仕組みにありました。

自分の為だから頑張れる。

Uberの仕組みは 頑張った人には大きなリターンが得られる ように設計されています。
質の高いサービスをしていればチップをもらえる事もあります。

つまり 努力すればするほど、工夫すればするほど、自分が幸せになれる仕組み なのです。

自分の為だから頑張れる。
これがシェアリングエコノミーの強さの秘密です。

プライスターパートナーは
シェアリングエコノミーの
納品代行サービスです。

シェアリングエコノミーの仕組みを使ったAmazon納品代行サービスには多くのメリットがあります。


  • パートナー様の空き部屋で作業して頂くので倉庫代がかからないので単価が安い。
  • 料金はクライアント様とパートナー様で決める事が出来る。
  • 完全成果報酬 なので余計な時給が発生しない。
  • 細かい要望も条件が折り合えばお願い出来る。
  • 備品代などはパートナー様持ち なので経費削減になる。
  • 雇用するとかかる、求人広告・教育・マネージメント・交通費・社会保険料など がかからない。
  • もし合わない時には、別のパートナー様にお願いする事が出来る。

このように、経費的にも、スペース的にも、精神的にも負荷が減ります。

プライスターらしい、
報酬を払いたくなるサービスを。

ただ、プライスターパートナーが最も大切にしたいのは、実は上記のメリットではありません。

もちろん料金は大事ですが、
それよりも 一番大切なのは支払う時のクライアント様の気持ち ではないか?と考えます。


例えば、私はいつも不満に思っているのが「税金」です。

なぜ不満なのか?
それは誰からも「感謝されない」からです。

頑張って働いて、
やっとの思いで出した利益の半分ほど徴収されるのに誰からも感謝される事はありません。

それどころか「ちゃんと払ってますか?」と言わんばかりに税務調査が入ったりします。
正直、納税意欲が削がれます。

一方、スタッフに支払うお給料や、甥っ子にあげるお年玉や、被災地への寄付金などは、
みんなすごく感謝してくれるし、目の前で喜んでくれる姿も見られるので、
こっちまで嬉しくなって「次回はもっと多く支払いたい!」とすら思うことがあります。

つまり 支払う相手が誰なのか?によって支払ったあとの満足度が変わってくる のです。

前述したロサンゼルスでは、Uberのドライバーさん全員にチップを渡しましたが、
とても喜んでくれるので、こちらの方が嬉しい気持ちになりました。

プライスターパートナーは この「感謝」のやり取り を一番重視しています。


顔の見える相手に
直接支払う喜び

パートナー登録をされている方は、いろんな方がいらっしゃいます。

小さいお子さんを育てながらパートナーのお仕事をこなしているお母さん。

独立起業を目指して頑張っている20代の女性。

仕事から帰ってきては夜中まで働いているご夫婦。

それぞれ 皆さん、目標をもって一生懸命働いています。

そんな方々の 夢を応援する気持ちで支払う報酬は満足度が高い はずです。

そして パートナー様も、あなたの為にもっと頑張ろう! と思ってくれるはずです。


プライスターパートナーの
名前に込めた思い。

このサービスをスタートして、約3年が経ちましたが、こんな報告を良く聞きます。

それは スタバのギフト券や、お中元や、ポイントなどを贈って頂けた! というパートナー様の喜びの声です。

プライスターパートナーは、
そういう温かい光景を見たくてスタートした と言っても過言ではないので、本当に嬉しい気持ちになります。

プライスターパートナーのサービス名の由来は、単なる外注とクライアント様の関係ではなく
「ビジネスパートナー」のような関係であってほしい という願いからきています。

もし、このような考えに共感して頂ける方には、
是非 プライスターパートナーのSNSへご招待させて頂きたい と思います。

マッチングまでの流れや詳細などは、
SNS内でプライスターのサポートメンバーからご説明させて頂きますので、ご安心下さい。

もちろん SNSは料金もかかりません。

それでは、パートナー様とスタッフ一同SNSにてお待ちしています。